唐津城物語

唐津城は初代藩主寺沢志摩守広高が、西国大名の助力を得、 名護屋城の廃材を用い、慶長13年(1608)に完成させたものです。
唐津城が頭部となり、唐津湾に沿って植えられた虹の松原が鶴の羽を広げたような姿から、 別名「舞鶴城」とも呼ばれています